カードローンの返済が遅れるとどうなる?

subpage1

カードローンを利用する際には事前に定められた期日までに返済をすることが必要になります。

カードローンに関しての関心度が高まっています。

多く返済するのであれば繰り上げ返済として問題はないのですが、返済が少なかったり遅れてしまったということになるとさまざまな問題が発生することになります。


ではどういった問題が発生するのかというと、まず起きるのは事業者から連絡がくることです。



この連絡はほとんどの場合契約者個人の携帯電話に行われますが、そこで連絡がつかなければ自宅電話にかけてくることもあります。


ここで連絡を受けることができ、新たな返済期日を設定してその日に返済ができたということであればこれから気をつけることで問題は無くなります。
ですが連絡を無視したり新たな期日にも支払わなかったということになると、カードローン業者は信用情報に「異動」の記録をつけて、いわゆるブラックリストに掲載するでしょう。
より正確にいえば「61日以上の遅延を発生させた」か「3ヶ月間支払いをしなかった」のどちらかの条件が満たされた時ですが、この二文字が記録されてしまうと最低でも5年間は新たな借り入れをするのが困難になります。そしてこの異動情報が付いてからしばらくすると、カードローン業者か保証会社が取り立てを行うために裁判所に督促の申し立てを行います。


ここまでくるともう個人での対処は極めて難しく、弁護士などに相談して債務整理をしなくては対処出来ない状態になるでしょう。

産経ニュースの検索がとっても楽になりました。

カードローンの返済を滞納することにはいいことなど一つもありませんから、収支のバランスを考えてしっかり返済するようにしてください。

身に付けたい知識

subpage2

カードローンは、保証人や担保をつけなくても借り入れ手続きができるもので、基本的に使いみちは自由とされていることが多いです。申込時に審査があり、その結果により借入可能額が決められます。...

next

金融の特徴紹介

subpage3

カードローンの利用を申し込む際にはいくつか必要な書類があります。まず必ず、どのような業者であっても必要とされるのが身分証明書です。...

next

これからの金融

subpage4

手元にお金が無い場合には、カードローンを利用するとお金が借りられます。お金を借りる方法はいろいろありますが、現在はカードローンが良いです。...

next

カードローンの話

subpage5

カードローンやキャッシングの申し込み条件は、それぞれの業者や金融機関によって若干異なる場合がありますが、一般的には、カードローンの申し込み時に、満20歳以上から満69歳以下であること。次に、継続して安定した収入を得ていることなどが申し込み条件になります。...

next